人気ブログランキング |

DAIWA-CF.BLOG ★建築現場報告★

daiwacf.exblog.jp ブログトップ

ワークショップ 3

 水都大阪2009水辺の文化座新築工事、「化粧壁」ワークショップの3回目です。

 昨日の日曜日も含め、ここ1ヶ月は毎週といっていいほど日曜日に行っております。学生の皆さんには、感謝!感謝!・・・です。

 今回は前回、各棟に分かれたグループごとでコンセプトに対して、具体的にどう壁を造るか、或いは、コスト的に大丈夫か、など、リーダーを中心に話し合ったり、簡単なモックアップを作成したり、・・・・着実に化粧壁の実現に向けて進んでます。

b0152601_2041632.jpg

 私も偉そうに、相談に乗ったり・・・・・
b0152601_2042786.jpg


 化粧壁は6棟合わせて、28箇所(スパン)あり、果たしてどんな壁が出来るのか、楽しみではありますが、実際の施工を考慮したものにまとめ上げるが苦労しそうです。

 次の日曜日(6/14)に、各棟ごとの発表が行われ、その翌日(6/15)がいよいよ水辺の文化座新築工事の着工となります! F棟(川にせり出した建物)の施工図が大変です・・・・・・・。

b0152601_2193189.jpg

  
# by daiwa-cf | 2009-06-08 21:06 | 水都大阪2009

パネル試作

 今日は、水都大阪2009水辺の文化座新築工事のイベント小屋7棟の内、6棟で使用するパネル試作の立会いに行きました。

 場所は、今回の工事に協力していただく大阪府貝塚市にある三菱地所住宅加工センターさんです。

 以前の記事でもご紹介しましたが、床及び屋根で使用する一辺2400mmの正方形のパネルと一辺2400mmの正三角形のパネルの完成状況や強度について、意匠設計者及び構造設計者と共に確認しました。

b0152601_208588.jpg


 いくら仮設建物、短期間といっても、たくさんの人が訪れるわけですから、実際に床に乗っての確認(納得?)となりました。

 パネルの詳細は、骨組みとして木造ツーバイフォー工法(枠組壁工法)で使用する206(ツーバイシックス)と208(ツーバイエイト)を約400mm間隔に組み立て、その片面に厚さ12mmの構造用合板を貼る、という物です。

b0152601_20133336.jpg

b0152601_20134697.jpg


 今日の確認は、正方形、正三角形それぞれ一枚ずつでしたが、来週末からは、6棟合計441枚を順次製作していきます。

 本日も丁寧に応対してくれたパネルを製作する職人さん! ヨロシク頼んます、です。
# by daiwa-cf | 2009-06-05 20:35 | 水都大阪2009

ワークショップ 2

 水都大阪2009水辺の文化座新築工事、「化粧壁」ワークショップの2回目です。

 本日は、前回(5/17)学生に提案していただいた案を参考にし、各棟ごとにコンセプトを決め、各自の希望する棟へのグループ分けを行いました。

 各棟のコンセプトは・・・・・・・・、

   A棟(あそぶところ)  → 「MEDIA WALL」 情報を伝える、コミュニケーション
   B棟(サッカースタジアム) → 「SOUND WALL」 音、楽器、自然の音色
   C棟(あそぶところ)  → 「GATHERING WALL」 古着、寄付、集積
   D棟(あそぶところ)  → 「FUNCTIONAL WALL」 収納、座る、展示
   G棟(つくるところ)  → 「PLANT WALL」 植物、中之島の植生
   H棟(つくるところ)  → 「WATER WALL」 雨水、水

 という事になり、早速、グループごとでディスカッションへ・・・・・・。

b0152601_2044319.jpg

b0152601_2045919.jpg


 グループの中には、学校を越えた付き合い(?)も始まり、短時間ではありましたが、今後の方針が少しずつ見えてきたようでした。皆の良いアイデアが実現するのが本当に楽しみです。

 次回、6/14(日)にグループ発表を行い、その後、各棟で実際に参加されるアーティストとの打ち合わせをする予定です。


 一応、本日参加していただいた学生の学校をご紹介しますと・・・・、

    大阪工業技術専門学校
    大阪総合デザイン専門学校
    近畿大学
    スペースデザインカレッジ
    武庫川女子大学       (50音順)

 でした。
 
 本日もご苦労様でした。
 
# by daiwa-cf | 2009-05-31 20:36 | 水都大阪2009

厄介な建物

 水都大阪2009水辺の文化座新築工事は、先日、今回弊社にご協力いただく業者さんを交えた現場説明会が行われ、いよいよ始まるという雰囲気となりました。

 以前にも簡単に説明しましたが、7棟ある小屋の内1棟、非常に厄介な建物が土佐堀川にせり出しています。何が厄介かといいますと・・・・・・・

b0152601_16274825.jpg

b0152601_1628234.jpg


 ・・・・ということです。

 何と構造も木造です。
 壁及び屋根のそれぞれのパネルは全く同じ形が1枚とない三角形の集まりです。

 今日も、私は施工図を描いていますが、思うように進みません。
# by daiwa-cf | 2009-05-28 16:33 | 水都大阪2009

ワークショップ 1

 先日お伝えしました水都大阪2009水辺の文化座新築工事は、通常の専門職種による工事以外に学生ボランティアを中心とした「ワークショップ」が行われます。
 内容を簡単に説明しますと、今回は「化粧壁」と題して、屋根を支える鉄骨柱(直径約60mm)が2400mm間隔(高さ2400~3000mm)に各棟の建物外周部に配置されており、その一部のスパンに構造上必要なスチールブレース(すじかい)がある箇所に廃材などの素材を利用して自由に壁を造る、という内容となっています。
 
 その「化粧壁」のアイデアを学生たちに提案してもらう発表会が昨日、行われました。
 建築・インテリア系の大学や専門学校の学生が総勢約90名(?)集結し、合計35案が発表されました。

b0152601_10592428.jpg

b0152601_10595772.jpg

b0152601_1103941.jpg

b0152601_1112044.jpg


 学生たちの中には、大勢の前で発表する機会がないのか、緊張して思うように喋れなかった者もいて、こちらとしては申し訳なく思いましたが、「良い経験をさせていただきました」との声でホッと一安心でした。

 また、提案内容をよく見ると、素材をアピールしたもの、ビジュアルにこだわったもの、構造を重視し過ぎたもの、・・・・など、その学校(専攻)の特質が非常に顕著に表れていたように思われます。

b0152601_11473068.jpg


 午後1時から始め、全員の発表が終了したのが午後5時過ぎ・・・・、疲労困憊の中、もう一度提案を確認して全員で気に入った物を投票をすることとなりました。

 結果は・・・・・・・ ↓ ↓ ↓
b0152601_1205334.jpg


 今月は、この結果をベースに、実際の施工性を考慮して案を絞り込み、次回のワークショップで学生たちに発表しますので、お楽しみにして下さい。

 参加した学生の皆さん、審査していただいた建築家の方、長い時間、ご苦労様でした。

 
# by daiwa-cf | 2009-05-18 12:20 | 水都大阪2009
line

 ●大和建設-BLOG●  大阪市平野区の建設会社です。当社施工物件の近況やイベント情報などを中心にお伝えします。


by daiwa-cf
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30