DAIWA-CF.BLOG ★建築現場報告★

daiwacf.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Y-A邸( 10 )

完成真近

 約一ヶ月ぶりの投稿になりました。
 世間では不況続きの中、私のこの一月は見積もり業務の嵐?‥‥、昨日やっと一段落となりました。

 その数ある見積もり中で、詳細はまだお伝えできませんが、一大イベントもあり、単に見積書を出すだけではなく、施工に関するプロポーザル(提案)も添える、という厄介な業務でした。


 という中で、Y-A邸は着実に工事が進み、今月末にはほぼ完成となります。

b0152601_953324.jpg

 内装は構造体、外壁下地、外装材裏面をそのまま塗装で仕上げています。

b0152601_9544383.jpg

 階段室を境に白と黒で分けいます。

b0152601_9593157.jpg

 外装は、断熱材入り金属サイディング貼です。
 昨年竣工したS-Y邸と同じく、長さを別注とし、竪ジョイントを無くしました。

b0152601_1022518.jpg

 今回、最も苦労したトップライトです。
 屋根の形状もあって、ガラスは内部からの取り付けです。

b0152601_103880.jpg

 内装がないので、コンセントもこの様に‥‥。


 本日、外部足場も撤去され、ゴールデンウィーク明け早々には完成見学会も出来るかと思います。お楽しみに!!



 
[PR]
by daiwa-cf | 2009-04-11 10:12 | Y-A邸

高良建設

 Y-A邸は先月に鉄骨建て方以降、数日の雨天による工程の遅れがあったものの、ほぼ順調に進捗しております。
 各階の床木下地が終了し、現在は、外部では屋根工事の折版葺きの下地タイトフレームの取付を行っており、内部では浴室部分の壁の一部となるコンクリートブロック積みが完了したところです。
 
 以前に鉄骨施工業者(大吉鉄工)の紹介をさせて頂きましたが、意外と好評?につき、現場報告の中で弊社に協力して頂いている施工業者さんをシリーズ化して紹介致します。

 で、今回は内部でブロック積みを施工した「高良建設」(「たからけんせつ」と読みます)です。

b0152601_19523873.jpg


 実は、ブロック積専門工ではありません。基礎工事などの土工事が専門で、住宅の新築工事には欠かせない‥‥、いわゆる何でも屋さんです。
 とは言っても、いい加減な仕事ではお客様からお金は頂けませんが、技術は確かで、他に、型枠工事・左官工事・鉄筋工事・石工事をはじめ墨出しや現場片付けなど‥‥、本当に重宝しています。

b0152601_20122418.jpg
 

 このようなブロックの加工も見事でした。(換気扇用の開口です。)

b0152601_2014478.jpg


 高良さんとは、私が以前に勤めていたゼネコン時代(約20数年前)からのお付き合いです。
 これからも無理なことの連続となりますが、宜しくお願いします。



 
[PR]
by daiwa-cf | 2009-03-11 20:23 | Y-A邸

鉄骨建て方

 昨日、Y-A邸の鉄骨建て方(上棟)が行われました。
 天候のあまり良くない中、鳶工の皆さん、大吉鉄工の3代目君、設計事務所スタッフのIさん、弊社担当H君、本当にご苦労様でした。

 以前の記事でもご紹介しましたが、今回は柱がH型鋼の100mm×100mmで柱としては最も小さい断面を使用しており、柱間隔もほぼ1メートルから2メートルの間で配置されています。
 なので、今回の規模からするとやたら柱の本数が多い!‥‥‥です。

b0152601_1081656.jpg


 また、鉄骨造の中でもラーメン構造(今回は無理ですが)ではなく、柱と柱を丸鋼で筋交いとして繋いで剛性をもたせるブレース構造であるため、ブレースもやたら本数が多い!!‥‥‥です。

b0152601_10155161.jpg


 通常のラーメン構造に比べると、部材の数も約4~5倍もあるわけですから、レッカーの楊重回数もそれに比例します。
 夕方の4時半頃にやっと、ブレースを除いた部材が取付られ、雨の中どうなることかと心配しておりましたが、無事上棟となりました。

b0152601_1023478.jpg


 前回の記事で、「いい仕事をする」大吉鉄工さんを紹介しましたが、やはり今回も加工ミスは全くなく完璧な仕事となっていました。
 今週いっぱいは悪天候が予想されますが、慎重に残工事を行っていただき、お褒めの言葉がやたら多い!!!完成見学会にしたいと思います。
[PR]
by daiwa-cf | 2009-02-25 10:39 | Y-A邸

大吉鉄工

 久しぶりの投稿となりましたが、ここ2週間は新規物件の見積もり3件、店舗の短期突貫工事、Y-A邸の鉄骨絡みの詳細打合せ‥‥などバタバタとしており、現場報告するブログのネタも特になく?という状況でありました。
 そこでといってはなんですが、今回のY-A邸の躯体工事である鉄骨工事を請け負っていただく「大吉鉄工」さんについて書いてみます。

 まず、‥‥「だいよしてっこう」と読みます。
 低層、高層に関わらず新築建物の鉄骨工事を中心に、私の生まれた頃から鉄骨一筋で一代で今日までやって来ておられ、信頼できる協力業者の一社です。弊社の協力業者の中でも、一番といっていいほどの古くからの付き合いで、正直、大吉鉄工以外の業者に仕事を依頼したことはありません。‥‥と感じるほどいい仕事をするのです。ここの社長には、私がまだ鉄骨に関して無知な時に非常に良く可愛がってもらい、(親子のような関係でもありました)今日、弊社が鉄骨造の建物を問題なく施工出来ているのもこの社長のおかげだと感謝しております。
 また、社長の人柄の良さだけでなく、精度の良い仕事の中心となっているのが棒心(いわゆる工場長)の存在です。社長の娘婿さんです。最近はCADで原寸図や加工図などを描く時代となりましたが、数年前までは棒心の正確な手描き図面で工場で加工する職方に的確な指示が出来ており、加工ミスが殆どといっていいほどないものでした。現場で組み立てる鳶工も「大吉の仕事は安心して組めるなー」と絶賛するほどです。私も信頼している本当に頭の良い棒心です。
 その棒心の息子(社長の孫になります)が親父の技術を継承して、パソコンに向かい、棒心のチェックを介して、加工しているのが現在の体制です。それとまた、この息子が私の大学の後輩でもあり、これからは社長に恩返しするつもりで一緒に頑張っていこうと思います。
 なかなかこの時代、親子3代に渡り、技術力を含めたさまざまな力を継承するのが非常に困難となっていますが、大吉鉄工は違います。弊社も見習わなくてはと感じています。


 そんな大吉鉄工でY-A邸の製品検査を来週に設計事務所さんと一緒に行い、予定通りの再来週早々にいよいよ鉄骨建方と進んでいきます。

 今回も精度の良いものとなるよう、皆さんご期待下さい!!
[PR]
by daiwa-cf | 2009-02-12 16:45 | Y-A邸

基礎コンクリート打設

 冬本番到来の中、昨日には予定通り、Y-A邸の基礎コンクリートの打設を行いました。
 
b0152601_1810358.jpg


 この時期のコンクリート工事は、色々と気を使います。

 温度補正をした品質管理や突き固め状況など‥‥‥もう常識だと思いますが、弊社ではそういった常識以外に季節を問わずもう一つ気を使っているのがコンクリート打設直後の鏝(こて)押さえです。
 どういう事かと言いますと、仕上げではないコンクリートの天端(特に土間)を打設時の木鏝均しのみで終えるのではなく、ある程度水分が引いた状態でもう一度(場合によっては二度、三度)金鏝で押さえることです。結構、打設して即終了という現場を見かけます。時間経過のコンクリート沈下によるクラックの防止や後工程の墨出しのやり易さなど高品質かつ高精度に繋がります。

 今週から約2~3週間は、コンクリートを養生しながら、各部詳細の打合せを行い、予定では2月末の鉄骨建て方となります。
[PR]
by daiwa-cf | 2009-01-27 18:42 | Y-A邸

基礎配筋

 昨日、Y-A邸で基礎配筋が行われました。

b0152601_19444760.jpg


 地盤改良でもご紹介しましたが、軟弱地盤の為、ベタ基礎の採用です。

 非木造(今回は鉄骨造です)の場合、躯体工事にコストが掛かるのは、この基礎配筋を見れば、一目瞭然だと思います。

 ここ数日は天候があまり思わしくありませんが、明日に構造設計者による配筋検査をして頂き、予定通り来週月曜日にコンクリートの打設を行います。

 
[PR]
by daiwa-cf | 2009-01-21 19:57 | Y-A邸

アンカーセット

 本日、Y-A邸で鉄骨柱アンカーセットを行いました。

 木造とは違い、鉄骨造の場合は柱脚の接合部であるアンカーボルトの据付工事が非常に大切です。
 かなり以前は、基礎配筋や型枠工事の後に型枠から補助桟でアンカーボルトを支持させて据付するのが多かったのですが、配筋後に施工するため鉄筋とアンカーボルトが干渉し据付精度が保たれないことや、又、近年の基礎形状の変化に伴い、今回のように基礎配筋より先行してセットすることが多いです。(鉄筋工は施工しずらいでしょうが‥‥)

b0152601_17152490.jpg

b0152601_17153812.jpg


 今回の柱はH型鋼(100×100)で計21箇所あり、本日はその内の14箇所をセット完了しました。建物の規模にすると柱の本数が多くあり、全てをセットすると鉄筋が組めなくなりますので残り7箇所(施工精度の確保が出来易い箇所)は配筋後、型枠からの据付となります。

 来週からは設備先行配管→基礎配筋→型枠組となり、予定では再来週月曜日に基礎コンクリートの打設へと順調に工事が進んでいきます。
[PR]
by daiwa-cf | 2009-01-17 17:35 | Y-A邸

基礎着工+地盤改良

 報告が遅くなりましたが、Y-A邸が先週1/8から基礎工事を開始しました。

 今回も軟弱地盤の為、表層地盤改良を行いました。

b0152601_991174.jpg

b0152601_992149.jpg


 昨日の1/13には捨てコンクリート打設を済ませ、今週に墨出し、来週早々に鉄骨柱のアンカーセット及び設備埋設配管を行う予定です。

 寒さも厳しくなってきましたが、現場の職方や担当者の皆さん、風邪をひかないよう気をつけて頑張って下さい。
[PR]
by daiwa-cf | 2009-01-14 09:19 | Y-A邸

地鎮祭

 本日、Y-A邸の略式の地鎮祭を執り行いました。

 朝から気温が低かったのですが、始まる10時頃になると寒さもあまり感じられず、絶好のコンディションとなりました。

b0152601_18112831.jpg


 仮設電気の段取りに現場に来ていた協力業者も飛び入り?で参加し、施主様、設計事務所様、弊社スタッフ、私、総勢7名で敷地の四方を清め、滞りなく終了しました。

 今回の設計は、長年お世話になっている藤本克之建築設計事務所様で、施主様は、約6年前にお世話になったお客様のご紹介の方です。

 工事概要は、鉄骨造3階建て、建築面積42.51㎡、延べ面積94.82㎡で、内部の間仕切壁は殆どガラス‥‥‥、という設計者の独特の上手い空間となっています。

 年明け早々から、地盤改良及び基礎掘削が始まり、気合を入れてスタート致します。
[PR]
by daiwa-cf | 2008-12-24 18:50 | Y-A邸

工事契約 

 今年の夏から秋にかけて工事見積を始め、何度も詳細の打合せを重ねてきましたY-A邸の工事請負契約が昨日、無事結ばれました。

 当日は建築主様といつもお世話になっている設計事務所様に弊社まで足を運んでいただき、ご足労をおかけ致しました。
 契約といっても準備万端で即!サインするというのではなく、一部の詳細についての最終確認が当日行われ、書類作成に少々バタバタとしてしまいました。
そのバタバタしている間に、建築主様を設計事務所様の案内で弊社の事務所及び倉庫の見学をしていただきました。今回のY-A邸は2階のリビングに広い吹抜があり、その大きさや高さが偶然にも弊社の倉庫の空間とほぼ同じであったこともあり、「こんなに広いのですか?」というお声もいただきました。

 年末に近隣挨拶に伺い、年明け早々に着工の予定です。
 暖冬の気配?と言っても、やはり冬本番がやってきますので、基礎工事のコンクリートには注意を払い、慎重に工事を進めて行きたいと思います。
 
[PR]
by daiwa-cf | 2008-12-11 13:14 | Y-A邸
line

 ●大和建設-BLOG●  大阪市平野区の建設会社です。当社施工物件の近況やイベント情報などを中心にお伝えします。


by daiwa-cf
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31